忍者ブログ
エゲレスとは、こーゆーところてす。
[73] [72] [71] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

雨で息子のサッカーが延期。

何もやることがない、と息子は妻と二人で

ファミリー・ヒストリーを検索し始めた。

http://www.nationalarchives.gov.uk/

ここは拙も仕事でよく使うロンドンの公文書館のウェブ。

英国のセンサス(国勢調査)は1811年から開始され、殆どの文書がデジタル保存されている。

国勢調査の内容では、戸籍以上に詳しい当時の状況が判る。

英国には戸籍というものがないから、

判り難いと思われるかもしれないが、

日本のように死亡後に除籍になったりすると、

なかなか祖先に遡れないものだ。

費用も掛かるし、事実が戸籍の中に隠蔽されていたり・・・。

息子と妻は、妻の両親の祖先を探した。

3時間ほど探して遡れたのは、3代前まで。

どういう環境で暮らして、どういう経緯で結婚に至ったとか、

職業は何であったか、

死因は何であったとか、

いろんなことがわかるのはエキサイティングだが、

嫌な事実が出てこなけりゃいいなあ、と少々案じていた。

歴史調査という仕事柄、そういう嫌なことに出くわすことは少なくない。

遺族も知らなかったりするので、インタビューの時は触れなかったりするほどだ。

しかし、幸いなことに気分の悪くなるような事実は出て来なかった。

皆、敬虔なメソジスト教徒だったようだ。

絵に描いたようにマジメで、堅実な生活を営む遺伝子が継承されて、

現在の妻や我が子らに辿り着いたわけである。

一方、拙宅は、と言うと、あまりよく知らない。

まあ、知っていても、ここで述べたりすることじゃないけどね。

面白いと思ったのは、拙のひい爺さんが町長で、

明治時代なのに、汚職で捕まったことがあるということだった。

票田の買取を部下が大っぴらにやったとか・・・、

パイオニア的な遺伝要因があるのだろうか。

拙もある分野でパイオニアと言われることがあるが・・・、

いや、遺伝学を間違って引用してはイカン。

 

PR

コメント
無題
まるでドラマ「ルーツ」ですね。
私の祖先は武士だったとか・・見えっぱりのばあちゃんの言った事だから信用していいものか・・。
【2007/02/12 16:48】 NAME[やぶ] WEBLINK[] EDIT[]
やぶ先生
日本人、100年遡れば、皆親戚だそうですね。クンタキンテなんて人物の名前を思い出したのは30年ぶりであります。批判が多くて、あの種の本がその後すべてが「フィクション」にされてしまう世界的傾向があったことも思い出しました。歴史文学なんて皆虚構だとか。
【2007/02/12 17:50】
無題
うちは平々凡々の農家だったようです。
温和な農耕民族の遺伝子がにじみ出てるでしょ?笑
【2007/02/12 19:47】 NAME[TLJG] WEBLINK[URL] EDIT[]
TLJGさま
出てる、出てる。

拙宅は下級武士兼農家だったようです。父は9人兄弟の7人目だったとか。ほとんどが国鉄職員と兼業農家だったんかな。国鉄に入れないと出稼ぎか、「東京さ出て働ぐだ」ってことになったんでしょうね。
【2007/02/12 21:57】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[08/14 Marmite]
[08/07 ぎずも]
[08/06 うに]
[08/03 Marmite]
[08/02 やぶ]
最新記事
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
自営
趣味:
愛でる
自己紹介:
なお生き残る在英中年。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析