忍者ブログ
エゲレスとは、こーゆーところてす。
[74] [73] [72] [71] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

来るべき時に備えて、家にある本棚5箇所を整理した。

近くの補習校で行われる古本市に出品し、あるいは古本屋に売りに出し、

身軽になろうという魂胆である。

仕事柄、資料本が山のようにある。

本棚はすべて2段積みで、しかも隙間なく横積みもされている。

3年前、書斎を2階にすると底が抜けるだろうからと、

3つある居間のうちのひとつを書斎にした。

それでも本は家中に散らばった。

今は分けあって、散らばった本を回収し、家の外に出さなければならない。

モノ書きにとって書とは投資であり、生産であり、製品である。

それでも、できるだけ身軽にしなければならないいくつかの理由がある。

今回、特に気がついたことは、インターネットである。

例えば、「朝日キーワード」という毎年出版される書物。

過去のデータや認識が「書くもの」には重要だったりするので、

1980年からいつまでも保存していたのだが、

過去のものに今ではどんな価値が与えられるだろうか?

インターネットには市場が必要とする情報の60%は存在する。

そのうち、インターネット芳信者、狂信者が出てきたりして・・。

今日捨てたものを少しだけ上げよう。

立花隆の本20冊、司馬遼太郎数え切れず、手塚漫画50冊くらい、社会学関係書30冊?、ケルト民族関係、哲学書・・・

こんなに捨てると、「自殺するんですか」と聞かれそうだが、

「いえ、生きるためです」

と言うしかないな。

でも、拙にしか解読できない「これら資料群」ってのは捨ててないんだもんね。

拙の書いた本は捨てないでね。

 

PR

コメント
牧歌さんの本
・・・は、日本の書店に置いてありますか?って、前にも聞いたような・・?
【2007/02/13 15:42】 NAME[L.シューマン] WEBLINK[] EDIT[]
Re:牧歌さんの本
雑誌には分類されていないので、本と言っているだけなんです。すいません。2号は売り切れだそうです。
【2007/02/13 17:41】
無題
社会学関係の本、捨てるなんてもったいない。私は本が読みたくて仕方ありません。今度いらないのあれば下さい。
【2007/02/13 22:56】 NAME[(元)学生] WEBLINK[] EDIT[]
(元)学生さま
本人の勉強や楽しみのためには取っておきたいから、本当は捨てたくないんですけどね。拙の書き物に求められるのは、そんなに高度なレベルでもないんで、しかも、これからのスペース配分を考えると致し方なく。また、それら書物もちと古いですから、差し上げるほどのものではないと思います。ネット時代以前のマーケティング本なんかも全部捨てちゃいます。
【2007/02/14 02:07】
無題
司馬遼太郎、捨てちゃうんですか?
なんだか勿体ない気はしますけど、確かにしょうがないかな。
この3年ほどで、私も随分いろんなものと決別してきました。笑
【2007/02/14 16:58】 NAME[TLJG] WEBLINK[URL] EDIT[]
TLJGさま
10冊ほど残して、他は良いかな、と。でも、まだ迷いはあります。昨日の学生さんのコメントで20冊ほど書棚に戻しました。今、電子辞書のサイトをたくさん見ているんですが、これ見ちゃうと体系化された書物(辞書、法経、ビジネス、百科など)は全部捨てたくなりますね。
【2007/02/14 17:05】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[08/14 Marmite]
[08/07 ぎずも]
[08/06 うに]
[08/03 Marmite]
[08/02 やぶ]
最新記事
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
自営
趣味:
愛でる
自己紹介:
なお生き残る在英中年。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析