忍者ブログ
エゲレスとは、こーゆーところてす。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


しかも、自己ベストだそうです。

ウィキペディアで札幌国際ハーフを検索してみると、

この時間、既に野口選手の優勝記録が更新されていました。

恐るべし、ウィキマニア。

札幌ハーフのマーラに関する情報やご意見をコメントして下されば、幸いであります。

PR


こどもたちの通う学校は昨日の土曜日が修行式でした。

18歳の生徒はこれから大学に行きますが、

Graduateとは言いません。

単にセカンダリースクール(中高)を終了した、

ということになります。

Graduateとは学士のようなdegreeを取得することを言うので、

日本語の「卒業」とは意味を違えます。

でも、この際面倒だから、

卒業終了式をSpeech Dayと言います。

そういうことにしておきましょう。

Speechをしたのは、校長、理事長、教会関係者、Head Boy & Girl、その他数名・・

と聞いただけでもつまらなそうですが、

今回はそうでもありませんでした。

まず、拙はこのSpeech Day に参加するのが始めてであります。

参加できなかった理由はいつも仕事とかち合っていたから。

今回は子供たちが在学している間で、英国に拙が居られる最後のチャンスでした。

だから、なんとしても参加しておきたかったのです。

案の定、この日のスピーチに参加して良かったと思ったのは、

教育の本質に触れる内容を聞けたことでした。

そのスピーチをした人物はRichard Stilgoe(リチャード・スティルゴウ)と言います。

http://en.wikipedia.org/wiki/Richard_Stilgoe

彼は子供たちの学校の卒業生ではありませんが、

音楽活動で縁があり、

相互貢献をする関係でもあります。

「1953年、私は10歳のときに科学に関する賞をもらいました」

スティゴウ氏は続けます。

「でも、50年以上を経た今から見れば、その賞が一体何であるのか、と思われるでしょう。技術革新はそれほど速く、教育も進んでいるのです。我々教育者は過去のことしか教えられません。こどもたちは未来を創造していきます。我々の将来は子供たちに託すしかないのです。しかし、私はとても楽観的です。なぜなら、彼らが1953年当時の私よりもずっとしっかりと世界について考えているし、知識も見識も豊富だからです。私がここに来た役割とは、こうして皆さんに、皆さんの行いが正しいことを確信しているとお伝えするためです」

拙もスティルゴウ氏の言葉に甚く共感しました。

このブログで知り合った若者たち、

英国野球狂団で共にプレーする仲間たち、

皆さん拙の子供の世代に近いんですが、

しっかりしている人間は若い頃からしっかりしている。

でも、徐々にしっかりしていく人間もいるので、そういう人はそれなりに。

そういうことです。



シャラポヴァ選手の叫び声が着メロとしてダウンロードできるそうです。

http://www.thevoiceofreason.com/2005/06/MariaSharapovaScreamRingTone.htm

絶対にお勧めしません。



さて、

時節柄、スポーツの話題が増える。

週末はツールドフランスもあるけど、興味ないスポーツも結構あるなあ。



今日は素朴な疑問について。

テニス会場で観客のガヤガヤを沈める時に審判が使う言葉。



英語ではThank you.

一体何がありがたいのか?

「いつもきれいに使って頂いてありがとうございます」

立ちながら、ぼんやりと解放感を味わう中、

駅のトイレの張り紙を思い出す。



フランス語ではS'il vous plait

英語にすると  if  you please, 

if you likeでもいいだろうと思う。

「どうぞ、ご随意に」とも取れる。

「摘み出されたいか、静かにするか、どっちかにしやがれ」

とも聞こえる。

だから、

拙にはフランス語の意味が英語よりも強く感じる。



英仏という隣同士の国でも、

こんなに言葉の選び方が異なるということは、

それだけ言葉の持つメンタリティも異なるということだ。



では、日本語で両者に共通する表現は何?

「咳払い」か?

伊武雅刀の「痰壺小僧」を思い出した。

知らない人はCDでも買ってください。




 

78日(日)に札幌国際ハーフマラソンに参加するマーラですが、

 

前々日の6日に開かれる「札幌から世界へ」というタイトルのシンポジウムにも参加するようです。たぶん壮行会に参加するだけだと思いますが、意見を語らせたら、けっこう気の利いたことを話してくれると思います。機転も利くし、日英間、国際関係を良く分かっているし。

 

http://info.yomiuri.co.jp/event/04001/200705174057-1.htm

 

マラソンは、インターネットでのライブ発信もあるようです。

 

http://www.stv.ne.jp/webcam/marathon2/index.html

 

8日の号砲は、午後1時32分。(なんだよ?32分って?)

 

マーラのゼッケンは「52」です。

 

 


仕事部屋とテレビの置かれた居間との間には二部屋分の距離がある。

この季節は昼ごろからテレビがつけっ放しになる。

日本では春と夏の甲子園のころに同じことになる。

英国ではこの6月の終わりから7月にかけての2週間である。

遠くのテレビから聞こえて来るのは、

「アウ、アウ」という周期的な声、

その距離と周期のせいか、艶(なまめ)かしく感じられることもある。

しかし、歓声や拍手の音で艶声(えんせい)も途絶える。

選手たちがラケットで球を打つ度に息む声を発するようになったのは

いつの頃からだっただろうか?

最近では男子選手でも声を出す。

女性で「声が大きすぎる」と言われたのは、

モニカ・セレシュ以来、何名か出て、今ではウィリアムス姉妹とシャラかな。

彼女たちの声には、遠くから聞いていても艶かしさは感じない。

今日のセンターコートではEar Defendersが無料で貸し出しされていたとか?

いや、BBCが冗談でそんな場面を作っていました。


意外な例ではジミー・コナーズは結構喧しかった。

もちろん艶かしくない。

気合入ってんなあ、という感じだった。

室伏選手のような投擲の選手や、

重量挙げなら一瞬の力を搾り出すために

声を発することも効果的だそうだから、

テニスでもフォアハンドならそれも十分納得が行く。

両腕を使うバックハンドでも納得できる。

でも、ボレーで声が出るのは反則気味ではないか?

感情で相手を威圧しているようにも見える。

ああいうのは、いろいろな意味で不愉快だが、

個人の美的感覚や価値観の範囲のことなので、暴言でない限り、議論にならない。

「騒音」として処置したり、「声を出して打球してはならない」というルールは、

英国人なら作らないだろう。

「奇声に近くて、あまり愉快じゃないけど、議論する価値もないから・・・」

と大人の国の人々は言うだろう。

公共交通機関の中で、

携帯電話に必要以上の怒声を浴びせても誰も何も言わないしね。

でも、明らかに皆が不快に感じている。

その世界を遮断する方法は自らも携帯電話を使うことと、

ウォークマンなどで耳栓してしまうことしかないのだろう。

どちらも使わない拙は「喧騒の中の瞑想」を試みるしかない。

英国のコモンセンスにも歪みが来ているように思えるのは拙だけか?







忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[08/14 Marmite]
[08/07 ぎずも]
[08/06 うに]
[08/03 Marmite]
[08/02 やぶ]
最新記事
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
自営
趣味:
愛でる
自己紹介:
なお生き残る在英中年。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析