忍者ブログ
エゲレスとは、こーゆーところてす。
[108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [98] [97]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 I am a licensed teacher

 と言うと、

「日本ではヒトにものを教えることが禁止されているのか?」

と英人に聞かれるでしょう。

英国の教師たちはqualificationや certificateは持っていても、licenseは持っていません。

なぜなら、そんなもんがないからです。

拙は日本の教員免許を持っていますが、自分のことを話す場合は、

I am a qualified teacher.

と言います。

免許とはライセンスです。資格ではありません。「禁止されているものを許可するもの」が免許です。でも、英国では教員は資格です。

拙は日本で長い間講師をしていました。塾、予備校、語学学校です。

それらの教壇で語ることは禁止されていないのはなぜでしょうか?

学習成果を上げ、生徒や親御さんから感謝されているのに、

「それは違法行為だ」とされなかったことが不思議です。

一番キャリアの長かった仕事が航空旅行業ですが、

ここでも、その後の仕事でも、拙のニックネームは「先生」でした。

同僚たちから「先生」と言われて、拙はしばらく気づかないほど鈍感だったんでしょうか、

ある時、同僚と二人で社外の人間に会った時に言われました。

「あの・・・、牧歌さんは○○さんの指導員なんですか?」

高校時代から家庭教師をしていたので、「先生」と呼ばれ慣れていたのかもしれません。

全然気づきませんでした。確かに同僚は主任で、拙は課長でしたから、とても変ですよね。

でも、そういう会社でした。

拙の場合は指導者とは言えないと思いますが、知恵や見識を示唆する立場にある人間になりうるのだな、と常々思っていました。たぶん、ヒトにモノを教える、ってことはそういうことなんだな、と思います。

ま、そんな感じです。





PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新CM
[08/14 Marmite]
[08/07 ぎずも]
[08/06 うに]
[08/03 Marmite]
[08/02 やぶ]
最新記事
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
自営
趣味:
愛でる
自己紹介:
なお生き残る在英中年。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析