忍者ブログ
エゲレスとは、こーゆーところてす。
[159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

息子の近所の学校同士で、陸上競技大会が行われました。

 

11歳まで通っていた公立の小学校から分散した8つの中学校(高校も一緒)から選抜された息子の旧友たちが集ったのです。

 

「で、何の競技に出るの?」

 

と聞かれました。

 

息子は小学校では陸上競技の全種目で1位だったからです。

 

「いや、出られないんだよ」

 

「え、なんで?そんなに凄い選手がこの学校に居るの?」

 

「いや、そういうわけでもなくてね」

 

「どういうこと?」

 

「オーガナイズした奴が僕をリストから漏らしたんだよ」

 

「そんなことあり得ない!君はいつもヒーローだったじゃん」

 

な~んか、出来すぎの話みたいですけど、本当にあった会話です。学校に迎えに行った時、興奮した息子の現同級生から最初に聞いたくらいですから。

 

この話が物語るものは、現校でも息子の能力が認められていながら、

 

旧校の友人たちとは、その評価が異なるということです。

息子は決してでしゃばらない、且つ主張しない性格です。

 

息子は「妬み」というものを学んでいるところなんでしょう。

 

でも、今期もトップの学力成績ではありませんでした。7月7日には表彰式がありますが、またしても我が子らは選ばれませんでした。テストの点数は我が子らの方が上なのに、マジメで教師の言ううことを聞く子や、入学時から特待生だった子に高得点が与えられる傾向があります。学校としては、認めた子を持ち上げるのは当然というところでしょうか。こういう割りの食い方はどうも気に食わないのですが、学力よりも大事なことがあると思えば、そういうことにこだわる教師たちが「くだんねぇ」と思うわけであります。

英国の学校はもうすぐ年度末です。

 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[08/14 Marmite]
[08/07 ぎずも]
[08/06 うに]
[08/03 Marmite]
[08/02 やぶ]
最新記事
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
自営
趣味:
愛でる
自己紹介:
なお生き残る在英中年。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析