忍者ブログ
エゲレスとは、こーゆーところてす。
[121] [120] [119] [118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

親たちは模範となるべきなのに、サッカーの世界はそうでもない連中が多い。やはり、出身階級を超えて伸し上がるチャンスのあるスポーツは限られているのだろうか。

 

昨日はいわく付きのチームとの対戦だった。

 

昨年の最終戦の様子は以下の旧ブログで記事にしたことがある。

 

http://ukbrilliance.spaces.live.com/blog/cns!37808C30971100A8!3806.entry

 

選手のマナーの悪さ、卑怯なプレー、そしてレイシズム発言を繰り返す親たちなどなどと話題満載なチーム「ヴィラ」はリーグから再三の警告を受けながらも息子チームと同時に上位リーグに昇格した。

 

で、昨日はほぼ1年ぶりの対戦で、しかもダブルヘッダー。

 

昨年居たストライカー「イエス」が見えないので、敵陣ヴィラの親の一人に尋ねると、

 

「イエスはあの試合でクリスタル・パレスのアカデミーにスカウトされて、今はそこでプレーしているよ」

 

この事実を聞いたら息子はショックだろうなあ、と試合後までそのことを伝えなかった。アカデミーに入れるほど上手いとは思わなかったんだけどなあ。そういえば、昨年のあの試合には特別措置がなされていた。問題チーム「ヴィラ」の調査を兼ねてリーグから派遣された審判ってことになっていたけど、実はその人物はパレスのスカウトでもあったそうな。

 

その最終戦では、息子のプレーは確かに冴えなかったもんなあ。前シーズンで最低の出来だった(息子談)

 

で、昨日の試合が始まりフリーキックの場面になったので、ビデオを動かしていると、敵陣の親たちが騒ぎ始めた。

 

「この国の法律ではチャイルド・プロテクションを理由に写真を撮っちゃいけないんだぞ

 

4,5名がまくし立て始めた。

 

「ちょっと落ち着いてください。私は大人しくあなた方の言い分を聞いているだけですよ。なぜそんなにエキサイトしているんですか。それに、なにか誤解があるんではないですか。そんなルールは聞いたこともない。学内などのコミュニティエリアであれば、それはあり得ますが、ここは公共のサッカー場ですよ。どんなルールで制限されているのか、教えてもらえませんか」

 

「チャイルド・プロテクションと言えば、それで話は終わりよ。私は法律事務所で働いているのよ。弁護士もそう言っているわ」

 

「子どもの何をプロテクションするんですか?法源は何ですか?弁護士事務所で働いて誤解されているということは、アナタと弁護士とのコミュニケーションが良くない、ということですか」

 

と笑いながら言ったがために、議論は焚き火から猛火になった。

 

「まあ、とにかく私も法律を調べさせてもらいますよ。ここは子供たちが試合に集中するためにも大声で議論するのは止めましょう」

 

そう言うと、議論は一応沈静化したものの、拙のことを無知だのなんだの、という声が聞こえる。「無知はお前だ」とは言わずに観戦していると、今度は審判のジャッジで悶着を起こしたのは敵陣ヴィラの監督。この人物もいつも喚いている。ラインズマンは双方のチームから一人ずつ出すものだが、あまりの罵詈雑言に、わがチームからラインズマンを買ってでていたジャックの父さんで、空手家のアンディがヴィラ監督にモノ申して、胸をぶつけ合った議論。監督ポールも仲裁に飛び込む。拙も走り寄ろうしたが、息子がうんざりした顔で一言。

 

「子供のサッカーなのに・・・」

 

いやはや、このチームは本当にくだらない連中ばかりだ。昨年から何の進歩もない。もしかしたら、昨年のレイシズム問題がわがチームからリーグに提訴されたことに感情的になっているのか?提訴したのは警察官だったし。

 

試合はどちらも息子チームの勝利に終わったが、それもイエスがいなかったことによるものだろうか、と考えると少しばかり空し、悔し。

 

ちなみに、公共の場で子供の撮影をしても、画像や映像の人物を特定し、プライバシーとして公開しない限り、撮影者を罰する法律は英国にはありません。多くの英人がこの点を誤解をしています。ヴィラの親たちは、チームも彼ら自身もよく問題を起こすから撮られたくない事情があったのかもしれません。

 

こういう不毛な議論は、パブリックスクールのスポーツでは絶対にあり得ません。できれば、こういう連中と関わりたくないんですが、サッカーに関わっていると避けて通れないですね。そもそも、我が子の映像を撮っているのに、その画像をどうやって悪用できると言うのか。あー、気分悪りぃ。やっぱ、野球に行っとけば良かった。

 

 

PR

コメント
大人のケンカ
いろいろ想像してしまったので、調べました。
イングリッシュフットボールアカデミーの内規に、子ども達の「不正な写真」を撮る「変質者」を見かけた場合、オフィサーに報告せよというのを見つけました。法律ではないし、禁止ではない。
【2007/04/17 00:24】 NAME[] WEBLINK[] EDIT[]
Re:大人のケンカ
まず最初に、拙は注意されたので、変質者ではないようですね。
【2007/04/17 00:30】
本当に
法律って難しい・・・。でも知らないより少しでも知っている方がなんぼマシか、と思いつつ、適当にちょっと知っているより知らない方がいいのか?とも思う今日この頃。あの試験はちゃんと知ってないと絶対に通らないので、頑張ります。
自分が付き合う友人は選べても、そのような場で遭遇する人たちは多くの場合選べませんからねぇ・・・。息子さん、やる気を殺がれずに続けられるといいですね。
【2007/04/17 17:06】 NAME[うに] WEBLINK[] EDIT[]
Re:本当に
最近、日本の新聞記事を読んでいて、現法務大臣が法律の中に道徳を盛り込もうとしていることに気づきました。でも、それって不可能ですよね。法は行動や形式を制御すことは出来ても、心の中までは制御できない。道徳とは価値観による心の制御ですから、それは法で無理強いできるものではない、と。法も道徳もどちらも社会規範ですが、次元が異なることを法務大臣がわかってないとは、政治家の選び方を変えなくてはならないかな。この大臣には別の意味で法って難しいんでしょうね。
【2007/04/17 17:12】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[08/14 Marmite]
[08/07 ぎずも]
[08/06 うに]
[08/03 Marmite]
[08/02 やぶ]
最新記事
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
自営
趣味:
愛でる
自己紹介:
なお生き残る在英中年。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析